資料請求・お問い合わせ
VAW BLOG
2015.11.12

【☆在校生紹介☆】

  ダンスパフォーマンスコース 3年生 Rio Takanaka さん   

 

生徒会長として、「文化祭実行委員長」を立派に務めあげましたが、無事、文化祭を終えた感想について聞いてみました  

 

Q) 文化祭を無事に終え、いまどんな気持ちですか?

rio) 「やりきったー!!!」という感じです! でも、まだ余韻というか...「あ!やらなきゃと思って・・でも、そうか

   もう文化祭終わったんだった!」と我にかえったりすることも。。 

rioブログ (4).JPG

 ↑ 文化祭では MCも担当しました   

 

Q) 文化祭を運営する「文化祭実行委員長」として たいへんだったことは?

rio) 「全体を見る」ということです。

自分は「委員長」だからすべてをやらなきゃならないんだっ!!と初めは気負いすぎていて焦ってしまうことも多かったんです。

でも、すべてを自分がやるのではなく、生徒会、実行委員の仲間に分担してもらい、仕事を任せ、自分はその進捗状況を把握することが役目だと気が付きました。

そして、「やらなきゃやらなきゃ!!!!!!!!」で、私が焦ったり、いっぱいいっぱいだったりすると、それが委員会全体の空気感にもつながっていくことにも、友人のアドバイスで気づくことができました。

文化祭間際になっていたので、気持ちを切り替えることは、正直かなりたいへんでしたが、仲間を信じて、任せるべきは任せ、でも全体はしっかり把握する、そのことを心がけました。 とにかく委員会が楽しくて、実行委員のみんなが嫌な気持ちにならずに、笑顔で団結していけることを目指したつもりです!

  

 

rioブログ (6).JPG

  ↑ 毎週水曜日は、定例の生徒会。 次年度の生徒会の選出方法について協議しました     

 

Q) 文化祭を乗り越えて、成長したなぁと思う部分は?

 

rio) ひとつは、計画性です。いままでもスケジュール管理はしているつもりでしたが・・・まだまだ全然甘かったなぁと。

   いままでよりも、もっともっと先を見越してスケジュールを立てる、それができていないと本当にみんなに迷惑をかけてしまうという責任と緊張がありました。

もうひとつは、相手に伝えたいコトは、ちゃんと「言葉」にしないと伝わらないということです。

なんとなく、わかってるだろうと思っていてもだめ。 何かを指示したりするのは言い方が難しいけれど、思っていることはきちんと言葉にして伝えることの大切さを知りました。 

 

 

rioブログ (2).JPG

 ↑ 文化祭 Vocal部門で アンケート第1位 を獲得    12月の星槎オリンピックでもVAWを代表してうたいます!!!     

 

Q) 本当に苦しいとき、支えになってくれたのは?

rio) 母です。 苦しいとき、見守り励ましてくれて、やりきったときは、心から褒めてくれました。

  苦しいことも、うれしいことも...全部見てくれて、認めてもらえてるんだって・・・すごく安心できました    

 

 rioブログ (3).JPG

 

   ↑ 文化祭のあと、『後夜祭』までしっかりやりきった仲間、【文化祭実行委員会】を全校生徒にご紹介しました      

 

 Q) 卒業までののこり4か月少し、どう過ごしたい?

rio) いちばんは、「笑顔」 でいたいです 

  みんなで仲良く、いつも笑顔で!!

 でも、「ただただ 楽しい」 じゃなくて、「みんなが楽しく過ごすために、どうしたらいいか?」とか

「楽しくすごくために、やるべきことはしっかりやる」 その上で、みんなが「笑顔」でいられるVAWをつくっていきたい! と思っています!!

 

 最後に、次年度を背負っていく後輩たちへメッセージを・・・・・

 「笑顔なら なんでも乗り越えられるっ!!!」

しんどい顔  とか、苦しい~    とか、そういう顔をしていたら、どんどんそういう気持ちになってしまう。

苦しくても、しんどくても、笑っていれば、前を向いて 乗り越えられます!!!

 

rioブログ (1).JPG

 

生徒会長として文化祭実行委員長という重責を担う傍ら、Vocal部門にも出場、また、有志としてNumberも出し、

とにかく全力ですべてに挑み続けています。

 

「こんなに、いい感じで、今年度の生徒会が 前進し続けられているのは、本当に素晴らしメンバーに恵まれ、支えてもらえているから!!」とのこと、

残りの高校生活もさらに充実したものになるよう、挑戦し続けていってくださいね!!

 

 

 

ページトップへ